1. 大野道犬慰霊塔
  2. 元和の町割りと風間六右衛門

寺宝釈迦涅槃図

  1. 月蔵寺年表及び歴代年譜
  2. 月蔵寺霊園墓地分譲
  3. アクセス 
  4. リンク
  5. トップページに戻る

宇賀徳正龍神

その昔、境内には三十番神や稲荷明神を祀った社もあったが、その社が老朽化して破損した為に、第三十七世円妙院日観の代、大正十四年(1925)に御神像は妙見堂の中に合祀された。今は境内の南端に大きな銀杏に守られるようにして宇賀徳正龍神が祀られた小さな社だけが残され、除厄招福・子安安産を願って近隣から参詣する方も多い。本山妙國寺の大蘇鉄伝説に登場するこの徳正龍神は、月蔵寺が元妙國寺の末寺であったことから、妙國寺の徳正堂より分祀されたものであろう。
(宇賀徳正龍神についての詳細は私が作成した『妙國寺縁起』に記載してある。)